純天然黒水牛を使ったオンリーワンの実印

実印として使用する印鑑は、基本的にどのような印材でも良いとされていますが、印材として角・牙類はどのような評価を受けているのでしょうか。
象牙や水牛の角などは、印材の中でも高級感があり、大変人気のある印材だと思います。
角・牙類の中でも、純天然黒水牛は特に最高級と言われている素材なのだそうです。
純天然黒水牛とはどのような素材なのでしょうか。
純天然黒水牛は、黒水牛の角をそのまま加工し、一切の着色などを行っていない貴重な純天然素材です。
一切の着色を行っていないので、黒水牛の天然の縞模様などが楽しめる素材として、とても人気があるそうです。
印材に使われる場合には、黒水牛の角の中でも、特に芯の部分だけを使用し、印鑑の頭の部分に芯が出ているものが最高級なのだそうです。
キャプチャ20
純天然黒水牛を印材に使用して実印を作る場合には、芯が見えるかどうかを確認すると良いでしょう。
また、純天然黒水牛は、天然素材を活かした印鑑になります。
そのため、同じものは存在せず、一つ一つの風合いや、縞模様が違い、自分好みのものを選ぶ事が出来ます。
そのため、オンリーワンの印鑑となり、実印に登録した場合には、まさに、オリジナルの自分だけの、世界に一つだけの実印となると思います。
純天然黒水牛は、天然の素材であることからメンテナンスにも、気を配る必要が出てきます。
主なメンテナンスとしては、乾燥に気をつける事が挙げられます。
これは角・牙類に共通している特徴で、乾燥にはとてもデリケートなのだそうです。
保管環境に関しても、出来るだけ太陽光や強い照明の下に、長時間置いておくような事は避けることがベターです。
1popohth
万一乾燥してしまった場合には、ひび割れを起こす可能性があるからです。
このように純天然黒水牛は、オリジナリティーを求める人にはぴったりの印材です。
世界で一つだけの自分の実印を作りたいなら、純天然黒水牛を使用した印鑑を作る事がお勧めだと思います。
印鑑を捺印する時に欠かせないものが朱肉です。
特に朱肉は、実印を始め、銀行印や認印を捺印する時にも必要で、朱肉無くしては印鑑を捺印する事が出来ません。
現在はどのような朱肉があるのでしょうか。
以前は朱肉と言う物は、一度捺印すると乾くまで少し時間が掛かるものでした。
近年では、速乾朱肉というものが開発され、ビジネスシーンなどでも使いやすいようハイクオリティな朱肉が主流となりつつあるそうです。
にじむような事は無く、美しく捺印出来、そして速く乾くと三拍子そろった朱肉は、印影の長期保存にも優れていると言われています。
その為、実印を使用するような重要な書類の捺印にも使われることが多くなってきているそうです。
速乾朱肉にも近年ではさまざまな種類があり、軽量コンパクト化が進んでいるようです。
会社の実印のように大型の印鑑を捺印することには向いていないかもしれませんが、個人の実印を始め、その他の印鑑を捺印するくらいであれば、十分なサイズのものが人気があると言われています。実印を購入予定の方、実印を通販で購入しよう!こちらのサイトをご参考下さい。⇒【http://xn--nckg3oobb4804c87lsr6gsqg.net/】
コンパクトタイプの朱肉の中でも、さらに進化したものがあります。
軽量コンパクト化をしていながら、捺印マットが蓋になっているものがあるそうです。
これは、朱肉業界の最先端とも言うべき進化であり、捺印マット付きの朱肉が一つあれば、どこへ行っても安心して捺印する事が可能となるでしょう。
カラーバリエーションも豊富で、女性に人気のピンクや、サクラ色、ターコイズブルーやネイビーなどの捺印マットが付いている事もあるそうです。
価格の面を考えても、印鑑と捺印マットを別々に購入するより安価で済む為、ビジネスシーンでの利用はもちろん、他の捺印時にも、利用される事が増えてきているそうです。
このように、朱肉は印鑑を捺印する時には必要不可欠な存在であり、また、その形態も日々進化してきていると言えます。
自分のライフスタイルに合った朱肉を選び、美しい印影を残せるようにしたいものです。

更新情報

2015/08/03
純天然黒水牛を使ったオンリーワンの実印の情報を更新しました。
2015/08/03
実印のトラブルの情報を更新しました。
2015/08/03
印鑑の種類と実印の情報を更新しました。
2015/08/03
外国人の実印の情報を更新しました。
2015/08/03
人気の百段で実印を作るの情報を更新しました。
△PAGE TOP